1. ホーム
  2. ≫ 美容・健康の雑学

美容・健康の雑学

ウォーターサーバーの違いと選び方

no

一人暮らしでウォーターサーバーを使用する場合、気になるのは費用ではないでしょうか。 多くのウォーターサーバー業者では、購入ノルマというものが設定されています。月に24リットルとなっているところが多いです。水自体の価格やそのノルマを使い切れるのかなどを計算してみると分かりやすいです。   また、ウォーターサーバーは電気を使って冷水とお湯を作ります。一見すると同じなのではないかと思いますが、ウォーターサーバー業者によってサーバーの消費電力は違います。電気代がかかることも考慮しましょう。その他には、サーバーのレンタル代やメンテナンス代です。購入ノルマによってこれら費用が変わることもあります。   サーバーの形状は2種類あります。卓上タイプと床置きタイプです。卓上タイプの良いところは部屋の面積を取らないことです。床置きタイプは置くスペースが必要になりますが安定しています。サーバーだけならこのような違いなのですが、水の入ったボトルをその高さまで持ち上げて交換しなければなりません。12リットルのボトルを採用している業者が多いですが、その重さを持ち上げられるのかでサーバーの選び方が変わります。   大切なのが使用している水の種類です。大きく分けると「天然水」と「ろ過した水」となります。天然水はコストがたかめで、ろ過した水はコストが低めです。飲みやすさや健康、美容などアピールポイントが違います。   ウォーターサーバーにはこのような違いがあります。費用を重視するのか、使いやすさや水の質を重視するのかなどを決めておくと選びやすいです。

レンタル代を支払えばノルマなしウォーターサーバーの選び方

no

ウォーターサーバーを導入したものの、次から次へとボトルが届いてしまい飲みきれなかったり、ボトルを回収するシステムの会社であれば泣く泣く水を廃棄したりというケースがあります。 これでは上質の水を注文する意味がありませんので、自分のペースで注文できるウォーターサーバーの会社を探します。 「アクアクララ」や「アルピナウォーター」など大手のウォーターサーバー会社でも定期購入のノルマなしというプランが用意されています。 一般的にウォーターサーバーのレンタル代が無料で、さらに定期購入のノルマもなしという会社はほとんどありません。 これでは本体を無料で貸し出した上に、契約当初のキャンペーンで無料提供したボトルのみを使用するということができてしまうからです。 そのため、購入ノルマの無いウォーターサーバーでは毎月レンタル代を支払うというシステムか、ボトルを注文しなかった月のみ手数料を支払うといったシステムがとられています。 その中でウォーターサーバーの会社を選ぶ際は、メンテナンスの費用がどのように設定されているかを確認することが大切です。 毎月のレンタル料にメンテナンス代が含まれているのなら、あまりサーバーを使わなかったあとでも、担当者に清掃をしてもらって清潔な状態で使用を再開できるからです。 メンテナンス料金が別途設定されている場合は、ボトル購入の間隔が開いてしまった場合に余計な出費となってしまいます。 つまり、水購入のノルマのないウォーターサーバーを利用したい人は好きな時に注文ができ、できればボトルは自宅で廃棄できるワンウェイ方式で、メンテナンス費用が毎月のレンタル代に含まれている会社を探すと良いです。

業務用のウォーターサーバーを選択する時

no

会社用のウォーターサーバーは家庭用のように使用頻度が低いわけでなく、働く人が使う事になりますから大きなサイズのものでも大丈夫でしょう。 業務用ウォーターサーバーは家庭用よりも使用頻度が高くなる傾向もあり、最近では企業や病院、美容室等で設置している所も増えています。 家庭用の場合は設置場所のスペースを抑えるものが好まれますが、会社等で業務用ウォーターサーバーの場合はスペースをある程度取っても問題無い場合が多いです。 水の選択ですが、栄養分のある天然水等は疲労回復効果にも優れており、小さい子供が飲むのでなければ天然水を選択するのも良いでしょう。 最も無難なのはROろ過水で、日本人の大半が口に合うと言われる水になっています。 職場利用する人数や仕事の環境に合わせて選択する事が望ましく、業務用サーバーの情報が並べられたまとめサイトを活用して比較検討するのも良いでしょう。 女性が多い職場では腸内綺麗にしたりダイエット効果の高い天然水が人気あったりしますし、様々な方が働く職場では癖の無いRO水を選択しておくと良いでしょう。 社員の方に希望を聞いてから選択する事も望ましく、やはり各社に応じた選択方法がありますから、社員の声を聞きつつ、まとめサイト等で特徴を比較してから選択するようにしましょう。 無料設置でお試しでサーバーを置いてみるのも良いですし、いずれにしても社員の健康管理や、お客さんにお茶や水を出す時にも役に立つものです。