1. ホーム
  2. 水素水の効果・効能
  3. ≫ 活性酸素が人体に及ぼす悪影響とは

活性酸素が人体に及ぼす悪影響とは

活性酸素は細菌やカビやウイルスから守ってくれる役割があります。

しかし細胞を酸化させる作用もあり、釘が酸素と結びついて赤くさびてしまうように、
人の身体も活性酸素による酸化で老化してしまいます。

活性酸素は生活習慣病につながるという仮説もあり、増えすぎると人にとってはありがたくない物質です。

人は生きていくために呼吸を行いますが、身体に取り込まれた酸素の約2~3%が活性酸素になると言われています。

通常は体内で中和されるのですが、生活習慣や喫煙や飲酒などで多く発生するようになります。

活性酸素は通常の酸素の電子が不安定になることで発生すると考えられています。
そんな活性酸素を還元してくれると期待されているのが水素水です。

同じく抗酸化作用があるとして有名なのがビタミンCですが水溶性なので細胞膜を通過しにくいというデメリットがあります。

しかし水素は水にも油にも溶ける性質があり、細胞膜を通過して身体に行き渡りやすいというメリットがあります。

水素が細胞を酸化させている悪い活性酸素と結びつきます。
すると、水素が燃えると水になるのと同じように、身体に無害な水へと変換してくれます。

水素水は水素分子を含む水なので、口から飲むだけで簡単に摂取することができます。
水素水といっても様々です。水素の含有量が多い製品を選ばれることが大切です。

高濃度タイプの水素水では1.0ppm前後であることが多いです。